スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 脂肪細胞のしくみ

脂肪細胞のしくみ

脂肪組織は脂肪細胞が集まって出来ており、それぞれの脂肪細胞の中には脂肪が水滴のようにして存在しています。
この脂肪組織は、食事から摂取したエネルギーの余剰分を中性脂肪として体内に蓄積する働きを持ちます。
脂肪組織は主に白色脂肪細胞で出来ていますが、繊維芽細胞や血液細胞・血管周囲細胞なども微量に含まれます。

 

わたしたちの身体は約6兆個もの細胞で出来ています。
そのうち脂肪細胞は普通の成人で約300億個、肥満者では約400〜600億個です。
脂肪細胞の大きさは約10〜200μm(マイクロメートル)で、その中には0.5〜2μg(マイクログラム)の脂肪が含まれています。

摂取エネルギーが余ると、それぞれの脂肪細胞の中の脂肪含有量が増加し、脂肪細胞が大きくなります。
その後さらにエネルギーの過剰状態が続くと脂肪細胞自体の数が増加し、むだなく脂肪を蓄積されます。
このようにして蓄えられた脂肪は、飢餓や飢饉、またはダイエットなどで摂取エネルギーが不足した時に身体を動かすエネルギーとして使われるのです。


摂取エネルギーが不足した時には、肝臓や筋肉などに含まれるタンパク質やグリコーゲンもエネルギーとして使われますが、もっとも効率の良いエネルギーは脂肪です。

脂肪が過剰に蓄積されると生活習慣病の原因になります。


これはなぜかというと、脂肪細胞から分泌されるホルモンの影響です。
脂肪細胞はただ脂肪を溜め込むだけの組織ではなく、さまざまな生理活性物質を分泌している巨大な内分泌機関でもあるのです。

 

脂肪細胞に脂肪を溜めきれなくなり、その数が増えると、痩せにくくなります。
脂肪細胞の数が増える前に、適度な運動と適切な食事で肥満をコントロールする事が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘル

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category