スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> BMIが高くても肥満ではない人とは?

BMIが高くても肥満ではない人とは?

肥満の判定にはBMIを使い、BMI25を超える人は『肥満』と判定されます。

しかし、BMI25を超えていても体脂肪率が低ければ『肥満』では無いのです。

 

BMI25を超えると医学的には『肥満』と判定されますが、実は体脂肪率が低ければ肥満ではありません。

これは筋肉隆々な男性などによく見られます。

筋肉は脂肪より重いため、体重が重くなりやすいのです。

 

この場合体重が重くても体脂肪率は低いため、見た目も引き締まっているし医学的にも肥満とは言えません。

また骨が太くてしっかりしている骨太な人も、この傾向が見られます。

 

そうです、
BMIが低くても体脂肪率が高い人は『隠れ肥満』

BMIが高くても体脂肪率が低い人は『肥満ではない』

 

肥満の判定にBMIだけを使うのは考え物です。

体脂肪率とBMIをセットで考えて、初めて自分が肥満かそうでないかわかるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事