スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 標準体重とBMI判定の落とし穴

標準体重とBMI判定の落とし穴

日本肥満学界の定義では、BMI22の時が標準体重とされています。

これは、BMI22の時が最も肥満による合併症が少なく、健康だというデータが出ているからです。

 

BMIは次の計算式で算出する事ができます。

BMI=体重(Kg)÷{身長(m)×身長(m)}

よって、自分の標準体重は、

{身長(m)×身長(m)}×22

で算出されます。

例えばあなたが身長160cmなら、

{1.6×1.6}×22=56.32

56.32kgが標準体重というわけです。

 

ですが、BMIという数値は体脂肪率を反映しているわけではありません。

よって、スポーツをやっている筋肉質の男性などが「肥満」に分類されてしまうという矛盾が起こります。

逆のほうが問題で、BMIが標準値内なのに体脂肪率が多い「隠れ肥満」というケースが多く存在します。

また、腎臓などの病気で水分が体に溜まってむくんでいる人もBMIでは肥満の判定が難しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事