スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 怖い太り方『内臓脂肪型肥満』

怖い太り方『内臓脂肪型肥満』

肥満には2種類の太り方があります。
『内臓脂肪型肥満』と『皮下脂肪型肥満』です。
このうちですぐにダイエットが必要なのは内臓脂肪型肥満の方です。
内臓脂肪型肥満は成人病を発症しやすい太り方のため、すぐにダイエットをして脂肪を減らさなければいけません。


内臓脂肪型肥満は別名『リンゴ型肥満』対して皮下脂肪型肥満は『洋ナシ型肥満』と呼ばれます。
そのシルエットを想像すると、どんな太り方なのか分かると思います。
リンゴのようにお腹がバーンと出た
中高年の男性に多い太り方が内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満は、内臓の周りに脂肪がびっしりと付いているため、
糖の代謝や脂肪の代謝を行なう内分泌機関に異常が起こりやすい怖い肥満。
すぐにでもダイエットをして脂肪を減らさないと、糖尿病や高血圧、胆石や通風、高脂血しょうなど肥満の合併症を併発する危ない肥満です。

 

自分が内臓脂肪型肥満か皮下脂肪型肥満か調べるには、ウエストとヒップの比率を割り出してください。
男性でウエスト85cm以上女性でウエスト90cm以上で、
ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)が
男性で1.0以上
女性で0.85以上
の人は内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満の人はすぐにでもダイエットを行なって、内臓の周りにこびりついた脂肪を減らさなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事